結婚式の招待状、返信する時のマナー

結婚式に招待される場合、ほとんどは事前に招待の確認が来ることが多いと思います。しかし、そこで出欠の確認が済まされるかというとそうではありません。その後きちんとした招待状が必ず届きます。それに対して、招待状を受け取った側は期日までに出欠の返信を出すことがマナーです。電話などで出欠の返事をしたからと言って、招待状の返信をしないのはマナー違反となりますので、必ず出しましょう。


招待状の返信は、いついつまでにと期日が設けられていますので、その期日よりも少し早めに出しましょう。結婚式の準備をする側としては、出席人数が確定してから、お料理や引き出物といったものの準備や、また席次の作成などをしなければなりません。出欠が確認できずにいると、それら準備が滞ってしまい、結婚式場にも迷惑がかかってしまいますので、できるだけ早く返信を出すこともマナーの一つでしょう。返信ハガキの書き方ですが、まず“御”という字が名前や住所の欄に書かれているはずですので、必ず二本線か斜線で消しましょう。また、結婚式を挙げる側の宛名面にある“行”も必ず二本線か斜線で消して“様”と書き直しましょう。この時、ただ出席にマルをつけるだけでなく、一言お祝いのメッセージを添えるとともに、出席の後にさせていただきますなどと書くと、スマートです。お祝いのメッセージなどを添える場合には、なるべく句読点は書かずにおきます。これは、お祝いに終止符のないようにという意味があります。あまり意識しなくても構わないかもしれませんが、知っておくと上級のマナーを身に付けている人だと思われますので、参考までに。


また逆に、どうしても欠席をしなければならない場合は、返信をあまり早く出しすぎない事もマナーです。あまり早く欠席の返信を出してしまうと、始めから出席する気がなかったと思われてしまう場合もありますので。欠席の場合には、まず事前に電話連絡などをして、理由を伝えるとともに、祝福の言葉も忘れずに伝えましょう。その後しばらくしてから、返信ハガキを出しましょう。欠席の返信ハガキには、不幸事や病気などの暗い話題の理由は、せっかくのお祝い事に水を差すことにもなりますので、あえて書かないでおきましょう。欠席の理由が暗い内容でない場合は、お祝いの言葉や、出席できずに残念だという旨を一筆添えることで、相手に気持ちが伝わるでしょう。招待状の返信マナーをきちんと知っていることで、相手にも気持ちの良いお祝いが出来ますので、是非覚えておきましょう。

プロフィールビデオでゲストに感謝の気持ちを伝えます。大人気のシンプル。【BD付き】で25000円+税。結婚式を印象的に演出するための各種ブライダル映像の制作を、最短3日で納品できるシリーズも用意してお手伝いしています。結婚式ビデオを依頼するメリットは一生思い出に残る事で、友人や両親からのビデオレターなどという演出にもこだわりを持っている点です。オープニングとプロフィールビデオ、セットで【32800円】。税込です!