結婚式の招待状の返信はがきのマナー

結婚式の招待状の返信はがきのマナーをお伝えします。まずは、返信の宛名書きの書き方は、宛名の行を斜め線か、二本線で消し、様に書き直します。裏面の書き方は、出席する場合は、出席と書かれている文字をまるで囲みます。御は、受け取った人に対する敬語になるので、斜線か二本線で消します。また、自分の住所と名前のところに書かれている御の字も同様に消します。次に御欠席の文字も同様に消します。余白にお祝いのメッセージを添えるとより一層お祝いの気持ちと、招待に対するお礼の気持ちが伝わります。


御もしくは御芳の文字を消した上から寿の文字を書くと、より華やかな印象になります。出席できない場合の裏面の書き方は、出席の場合と同じように御の文字を二本線もしくは斜め線で消し、欠席に丸をつけます。余白には、欠席理由を書き添えます。出席したいけれどやむを得ずという気持ちをお祝いの言葉と共に書き添えます。欠席理由が、身内の不幸などの暗い場合は、結婚式というお祝いの場に水をさしてしまうためはっきり書かないのが一般的です。ほとんどの招待状には、返信の期限が設けられていますが、新郎新婦は、席次や料理の数などを手配しなければならないので、数日中に返信するのが一般的です。返信には、毛筆か万年筆で書くのが一般的ですが、なれない場合には、ボールペンを使っても問題はありません。グレーは不祝儀の時の色になるので必ず黒い色を使います。


招待状には、お祝い事には、終止符を打たないという理由から、句読点は使われません。返信はがきのお祝いのメッセージでは、特に問題はありませんが、句読点は使わないほうが無難です。結婚式の招待状が送られてくる前には、一般的には出欠の確認があります。欠席を伝えていても、招待状が送られてきた場合には、必ず返信はがきを送るのがマナーです。どうしても都合が悪く欠席する場合は、あまり早く返信してしまうと、出席する気が最初からないと受け取られることもあるので、注意が必要です。まず、電話でお祝いの言葉を伝え、出席できないかもしれないことを伝えます。その後、少し日にちを明けてあらためて返信はがきを出すと、非常に残念だけれど出席できないという気持ちが伝わります。どんなに親しい間柄でも必ず返信は出します。電話やメール、口頭だけで返事を伝えるのはマナー違反です。また、返信はがきの御の自を消す際には、黒く塗りつぶしたり、バツ印で消すのもマナー違反になります。せっかくの結婚式二人の門出を祝うためにも最低限のマナーを守ることは必要です。