結婚式の招待状の返信を受けたら

結婚式の招待状を発送し、その返信を受けた後の作業としてすぐにやらなければならないのが、披露宴での席次の決定です。招待状の返信が届いて出席者の人数が最終的に決まったら、席次を決定します。ただし、結婚式直前は何かと多忙になりますので、招待状を発送した時点で、おおよその席次については考えておいた方が、作成がスムーズに進められます。会場と料理のスタイル、だいたいの人数が決まったところで、結婚式場担当者から席の配置図をもらっておくとスムーズにいきます。

招待状の返信をまず、出席者と欠席者に区分けをします。そして出席者だけをひとまとめにして、そこから席次を決めていきます。着席の披露宴では、席次に対する心配りが重要です。披露宴会場の席は、メインテーブル(高砂。新郎新婦・媒酌人夫婦が座る席)に向かって右側が新郎側、左側が新婦側になります。メインテーブルに最も近い位置が上席、出入り口に最も近い位置が末席です。招待客の席は、上席から主賓、目上の方々(会社の上司、恩師など)、先輩、友人、同僚など、親戚、家族の順に配置し、末席が両親となります。しかし序列だけに注目して配置すると、知らない人同士が隣になったりして、招待客も気疲れしてしまいます。招待客の年齢や立場を考慮し、同じ職場、同じ大学の出身者など、できるだけ面識のある親しい人同士が近くになるように配慮します。

どうしてもお互い面識のない人同士に同席していただくしかないときには、なるべく話しやすそうな人同士、年齢が近い人同士が並ぶようにします。誰とも面識がないような人(例えば個人的にお世話になった家庭教師の先生など)は、話好きで気配り上手な信頼できる人にあらかじめ『ほかに知り合いがいないので気を配ってあげてほしい』とお願いしておき、その人の隣に配置するとよいでしょう。新郎新婦と同年代ぐらいの友人知人は、あえて新郎側と新婦側を一緒のテーブルにすることがあります。話し上手な人を中心に、新郎新婦の話題で座が盛り上がり、打ち解けた雰囲気になりやすいからです。新郎側と新婦側の招待客数に差があるときは、新郎側新婦側混合のテーブルを、人数の少ない側に入れることで調整する必要があります。小さな子供のいる人の席は、できれば中央ではなく、出入りしやすい場所に配置するように工夫します。司会者の席は、できるだけ端のほうで、マイクの近くがベターです。このように、結婚式の招待状の返信を受け取ってkらの席次決定には、いろんな配慮が必要になってきますので、なるべく早めに検討しておくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*