結婚式の招待状作成に関するあれこれ

結婚するに際して結婚式を執り行う方が多いかと思います。その式に新郎新婦の家族や親族のほかに、それぞれの友人知人の方をお招きすることや、特に親しい友人からはぜひとも列席をさせてほしいとの要望があろうかとも思います。家族を除いた親族の皆様や友人知人の方に結婚式に列席をしていただく場合に必要となるものが招待状です。いかに親しい関係といえども正式な招待状をもってお招きをしなければ失礼に当たりますので、結婚をなされる新郎新婦の新しい門出にふさわしいマナーにのっとったスタイルで進めていきたいところです。


招待状の作成には、まずお招きする方々をだれにするかという名簿作りから始めます。式だけではなくその後の披露宴や食事会などにも列席していただくことも考慮して、ご親族を中心とするのか、友人知人を中心とするのか、お招きする方の顔ぶれによって式や披露宴などの雰囲気が変わることや、用意しておく品々も異なってくるためお二人で慎重に結婚式などをどのようなスタイルで行いたいかを検討してください。招待状の文面は、いつ、どこ、だれ、どのようなということを結婚式にお招きする方にわかりやすく記載します。文例はインターネットや結婚情報誌、結婚式を挙げる寺社、チャペル、ホテルなどの結婚相談コーナー、結婚相談所などで調べることができるので、それをもとにお二人にふさわしいものにするといいでしょう。注意しておきたいのが、お祝いごとに終止符はふさわしくないため、文章には句読点を用いないこと、段落ごとの行頭を一字下げにしないこと、忌み言葉や重ね言葉を使用しないこと、発送日を何年何月吉日とすること、一般的には差出人を新郎新婦の父親の名前で発送することなどです。


最後の差出人の名前についてはきちんとした決まり事ではないのですが、一般的にお勤め先の上司など目上の方をお招きすることが多いことから失礼にあたらないようにという配慮から来ています。ただし最近では、新郎新婦が主役のお二人の結婚式であるということから、お二人の名前で発送するケースも増えてきています。方便として友人知人にはお二人の名前で、ご親族の方やお勤め先の上司、お取引先に対しては父親の名前で発送するということでもいいでしょう。最後に招待状の宛名書きです。毛筆で手書きというのが理想的ですが、日常生活で毛筆で物書きをすることは少ないためうまくかけないという方には、式を挙げる会場などで筆耕を請け負ってくれるので心配はしなくても大丈夫です。書道をされている方などはもちろんご自身で書いても構いません。